Watch_dogs

「Pokemon GOとオープンワールド」と意味ありげなタイトルに見せかけて「Watch_dogs」再評価&続編への展望に変化するとりとめのない文章

「Pokemon GO」ではじめてARゲームに手を出してみた。「Ingress」などすでにARゲームの評判は知っていたんだけど、どうも新規参入するには敷居が高くなってる印象を受けて手が出なかったんだけど米国大ブーム&ポケモン知ってる&サービスはスタートしたばっかりの流れに乗る形でやってみたのだった。

ファーストインプレッションはスマートフォンらしいフラットデザイン寄りのクールなデザインにちょっぴりくどいポケモンのデザインやBGMが微妙にずれてる感じが可笑しいとかそんなしょうもないことなんだけど、一番は「これはオープンワールドやMMOのミッションや集め物を現実の街で再現したらこうなる」ということだったりする。

GTAを代表とするオープンワールドというのは現実世界の光景をビデオゲームにてある程度再現したものなのだが、自由の街中や広大な風景を歩ける一方、根本的なところに街や土地に何らかの意味や目的が無ければ本当にまともに見向きもしてこないところがあるな…ということがある。とりあえずGTAみたいな都市をシミュレートしたオープンワールドで話を進めているけど、都市や風景はただあるだけでは意味は全くなく、なにか意味を持たせるために集め物をさせたりミッションを配置したりすることでゲームとして成立させていたのかなあとか思ったのであった。

(さらに…)